ログイン 新規登録
トップ どんぐりメモ マスコットメールチェッカー アカウント
オリジナルマスコットが設定できる!
マスコットメールチェッカー
メニュー 設定について
●マスコット広場
●アップロード/管理
●ハッピーメッセージ送信
●パッピーメッセージ受信
●マスコットメールチェッカーとはUp!
●設定について
●ダウンロードUp!
●便利ツール紹介
インストールフォルダについて
マスコットメールチェッカーは実行すると設定情報をローカルフォルダに保存します。
書き込み権限がないとエラーになりますので、書き込み権限を与えてください。
マイドキュメントにインストールして実行すると、良いかもしれません。

メールの設定例
設定例です。参考にしてください。
設定例の画面は Version3.1.0.0 です。
Version3.0.X.X はSSL未対応です。GMailやHotMailは設定できません。
最新バージョンをダウンロードしてください。

通常POP3設定例
 メールソフトはWindowsメールです。


GMail設定例①
 メールソフトにGMailのURLを指定するとブラウザを開きます。


GMail設定例②
 GoogleChromeのアプリケーションショートカットを使用した例です。


HotMail設定例①
 メールソフトにHotMailののURLを指定するとブラウザを開きます。


HotMail設定例②
 WindowsLiveMailを使う例です。


Windows7のタスクトレイ(システムトレイ)について
 Windows7はタスクトレイのマスコットメールチェッカーのアイコンが隠れています。
 カスタマイズすることでアイコンを表示できます。

「▲」ボタンをクリックし、「カスタマイズ」をクリックします。


「アイコンと通知を表示」を選択します。

複数アカウントチェックのヒント
 メールアカウントは1つしか設定できませんが、フォルダを分けてそれぞれに設定を行うことで、複数のアカウントをチェックできます。
 たとえばGMailとHotMailのアカウントをもっている場合、MMC_GMailとMMC_HotMailの2つのフォルダを作成します。 ダウンロードしたマスコットメールチェッカーをそれそれのフォルダにコピーして起動します。
フォルダ分けの例 タスクトレイの状態の例

 
(C)DONGURI WORLD